いわき市社会福祉協議会

~“誰もが住み慣れた地域で安全で安心して暮らし続けることができるまち いわき”を目指して~

ふくみちゃん

判断能力が十分でなくなってきている方(例えば、認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など)が、地域において自立した生活ができるよう、福祉サービスの利用に関する情報提供、助言や手続きの援助、利用料の支払いなど、福祉サービスを適切に利用するための一連の援助を行います。

福祉サービスの利用援助

福祉サービスが、安心して受けられるようお手伝いします。

  • 福祉サービスに関する情報提供をします。
  • 福祉サービスを利用または利用をやめるために必要な手続きをします。
  • 福祉サービスの利用料を支払う手続きをします。
  • 福祉サービスの苦情解決制度を利用する手続きを援助します。

日常的金銭管理サービス

福祉サービス利用料の支払や、毎日の生活に欠かせないお金の出し入れのお手伝いをします。

  • 銀行などに行って、日常生活に必要なお金の出し入れを支援します。
  • 医療費や公共料金、家賃などの支払い、口座引き落としの手続きをします。
  • 日用品の代金を支払う手続きをします。
  • 年金や福祉手当の受け取りに必要な手続きをします。

書類等の預かりサービス

 預金通帳や印鑑など、大切な書類をお預かりし、社会福祉協議会が安全な場所で保管します。
※宝石、書画、骨董品、貴金属、現金などはお預かりできません。

サービスの流れ
1 相談の受付

社会福祉協議会へご相談ください。ご本人以外でも、ご家族などの身近な方や地域包括支援センター、地区保健福祉センター、ケアマネージャー、障がい関係の相談窓口、民生委員などからのお問合せに対応します。

2 訪 問・関係者との調整

社会福祉協議会の職員が訪問し、お困りごとなどを伺います。
また、ご家族、その他福祉サービス事業所、金融機関、関係者との調整をします。

3 支援計画の作成

ご本人と社会福祉協議会が一緒に考えて、具体的なサービスの計画を作ります。

4 契 約

支援計画の内容にもとづき、ご本人と社会福祉協議会との間で利用契約を結びます。

5 サービス開始

生活支援員(社会福祉協議会の非常勤職員)が支援計画に沿ってご本人を訪問し、サービスを行います。

6 定期的な支援計画の見直し

定期的に支援計画の内容を見直し、変更が必要な場合はご本人と相談して支援計画を変更します。

7 終了

  • ご本人から申し出があったとき
  • ご本人が亡くなったとき
  • 判断能力の低下や生活状況の変化により、契約の継続が困難になったとき

 

利   用   料
【無料】 ご相談から契約までの料金はかかりません。
【有料】 契約後、実際にサービスを受けるときは利用料がかかります。
(ただし、生活保護を受けている方は、利用料の負担はありません。)
→1回1時間あたり1,200円です。
その後、30分ごとに400円がかかります。例えば、1時間15分以上の場合は1,600円となります。
→その他、交通費の実費が別にかかります。
利用料、その他の交通費などについては、サービスを利用した翌月に社会福祉協議会から請求します。

 

お問い合わせ

社会福祉法人
いわき市社会福祉協議会

〒970-8026
福島県いわき市平字菱川町
1番地の3
いわき市社会福祉センター内
TEL 0246-23-3320
FAX 0246-35-5031
アクセス

bn_link 市内施設・福祉関連などリンク集